WAHOO RFLKT+ インプレ

Strava とデーターを共有できるサイコンが欲しくていろいろ検討した結果WAHOO RFLKT+にしました。

1ヶ月以上使ってみた感想です。

最初のライドでANT+センサーと接続ブチブチ切れてサイコン見ていたら大きな穴を通っておパンクorz

何回かiPhoneのBLUETOOTHをオフにしてつなぎ直したら安定ました。

その日は69kmぐらいでワークアウトして「なんで?」となっていました。

通勤で何回か使用しても問題なかったが、またロングライド時に69km辺りでまたまたワークアウト。

何回か同じ事が起きてWAHOO FITNESSのサポートへメールをしましたその結果アプリにバグがあると言う話を聞きました。

サポートより違うアプリCyclemeter等を使ってRFLKTを使えば問題ないと言う見解でした。CyclemeterをiPhoneにインストールして使ったけど、Stravaへ共有してもマップが表示されなかったのでそうそうに諦め再びサポートメールで問い合わせ。

今回の担当者は例バグはライド時間40ー60分の間でアウトラップするように設定すると回避できることを教わって試したら、勝手にワークアウトしない!

初めて全ライドを記録できてテンションあがりました。

RFLKTはサイコンとして使えますが最初で心が折れそうになるアイテムです。機能的には大変満足しているけど、電池のストックが必要・・・・


  

追加記事:10月7日 wahoo rflkt+ version Up

9月末に使っているwahooのサイコンrflkt+のバージョンアップがあったと以前にも書きました。何が変わったのかわかりませんがバージョンアップ以降トラブルは無くなりました。

よくあったトラブル

  1. センサーとの接続切れ
  2. 走行距離が69km付近でシャットダウン
  3. バッテリーの消耗が早い
  4. 走ったコースのログだとれていない(GPS)

私が感じたトラブルは上記のとおりです。

バージョンアップ後は?

バージョンアップ後トラブルにまだ出会ってません、使い方が慣れたのか?とも思いますが確実にトラブルが減っています。

センサーロストに関しては

昨日もチーム走行会中休憩後発進時に心拍センサーと速度、回転が動かなかった事が一回ありました。iPhoneのブルートゥース昨日をオフにして接続を完全に切ってから再度ブルートゥースをオン問題なく機能します。

69KMシャットダウン

この症状を回避するために49分でオートラップするように設定していましが機能112KM走ったライドでもシャットダウンされなかった。

バッテリーの消耗

先月中旬ごろに一度交換しました今までは10回前後のライドでバッテリ切れしていたのがしないアマゾンで格安で買ったCR2450バッテリーなので同じロット内でも当たりはずれがあるかもしれないので一概にバージョンあっぷの効果だとは言い難い。

GPSが取れない

GPS自体は携帯のGPSをつかってログを取っているのでファームウェアのバージョンあっぷで解消したとは言い難いが同時期にwahoo fitnessアプリがバージョンアップされていたので携帯に入れるアプリ側の改善のように感じます。

なので今回のバージョンアップ以降はRFLKT+に対しての信頼度と満足度が上がっています。ただブログでも書いていますがガーミン520が気になりすぎます。

スポンサーリンク