ロードバイク タバコを辞めたらどう変わる?

スポンサーリンク

喫煙者の肺を写した写真があるけど喫煙をやめた後の人の肺の写真はあるのかと気になりました。 いくら探しても禁煙した人の写真は見つかりません、ただいろんな所で「タバコをやめると何が変わるのか?」、「タバコやめたからってロードバイク早くならない!」とかいろいろ書いてありました。

人それぞれの意見なのでもちろんいろんな考え方があったり感じ方があるのは良いと思います。下記の内容はあくまでも私の個人的な感想です。

私の場合は18歳からタバコを吸い始めて34歳でやめました。きっかけは新しいロードバイクが欲しかったから、月々1万円台だったタバコ代をそのまま自転車に使うことにした。タバコをやめてから自転車を買う計画だといつまでもタバコをやめないから先に自転車を買っちゃった。妻には「絶対タバコやめなさい!」の厳しい一言。

禁煙外来へ行く

自力では止められそうになかったので禁煙外来へ行った。もともと本数を減らしていたので何やらの数値を測られて「これだったら薬いらないわよ」と言われました。まぁなんやかんやお医者さんの説明を聞いてチャンピックスをもらって帰りました。結果2週間で禁煙に成功、コツはタバコの吸う習慣を何に変えられるかが鍵でした。

禁煙後の体

禁煙して3ヶ月が過ぎた頃ライド中に異変に気がついた。大嫌いな山を登っていると「なんか楽」みんなが足を使い切ったと言う感覚があまりわからなかった自分がやっと足が限界の感じがわかった。喫煙していた時は足にくる前に心拍が上がりすぎて、息があがってしまって限界を感じていた。この効果はタバコをやめたからだと自分に言いきかせてもう二度と吸わないと決めた。

いいことだけではない禁煙

タバコをやめて3ヶ月から4ヶ月後に突然睡魔に襲われる症状が出た。今までニコチンで脳を覚醒していたために脳内で覚醒するための物質が作れない、そのため突然の睡魔に襲われたりすることがあるそうです。この睡魔が禁煙の影響だとわかってからはどう睡魔を攻略するかを考えた結果糖分を多めにとることにした。

体重との戦い

「睡魔に襲われる、糖分を多めにとる、間食が増えて太る!」タバコの代わりに手持ち無沙汰でお菓子をいっぱい食べる太る。食後の後の一服ができないから満足感が得られず食べ続ける太る。自分の場合はウェイトトレーニングでついた脂肪を筋肉に変えようと高重量のトレーニングをしていた、当然体が重くなって山がまた辛くなる。 一年過ぎて完全に解放 タバコをやめて1年が過ぎてやっと間食もしなくなって昼間睡魔に襲われることもなくなった。より高負荷なトレーニングができるようになってから自転車の速さがどんどん上がっていった。禁煙をやめて1年が過ぎて本当の効果が現れるんだと思います。

あくまでも私個人的な感想ですので絶対とは言い切れませんタバコを吸っても早い人は早いし、何を感じない方もいると思います。

この記事を書いた人

Ciclista
群馬県内を楽しく決められた時間の中で走っています。群馬県内のコースとロードバイク情報を発信していきます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク