WAHOO RFLKT+ レビュー

スポンサーリンク
IMG_1393.JPG

Strava とデーターを共有できるサイコンが欲しくていろいろ検討した結果WAHOO RFLKT+にしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1ヶ月以上使ってみた感想です。

最初のライドでANT+センサーと接続ブチブチ切れてサイコン見ていたら大きな穴を通っておパンクorz

何回かiPhoneのBLUETOOTHをオフにしてつなぎ直したら安定ました。

その日は69kmぐらいでワークアウトして「なんで?」となっていました。
通勤で何回か使用しても問題なかったが、またロングライド時に69km辺りでまたまたワークアウト。
何回か同じ事が起きてWAHOO FITNESSのサポートへメールをしましたその結果アプリにバグがあると言う話を聞きました。

サポートより違うアプリCyclemeter等を使ってRFLKTを使えば問題ないと言う見解でした。CyclemeterをiPhoneにインストールして使ったけど、Stravaへ共有してもマップが表示されなかったのでそうそうに諦め再びサポートメールで問い合わせ。今回の担当者は例バグはライド時間40ー60分の間でオートラップするように設定すると回避できることを教わって試したら、勝手にワークアウトしない!

初めて全ライドを記録できてテンションあがりました。

RFLKTはサイコンとして使えますが最初で心が折れそうになるアイテムです。機能的には大変満足しているけど、電池のストックが必要・・・・

追記:2015/09

ファームウェアのバージョンアップ

以前にかいてように40〜60分の間にオートラップするように設定してアプリのバクをのがれていましたが、
ファームウェアのバージョンアップとアプリのバージョンアップ以降オートラップなしでも問題なく記録できるようになりました。ただ時々原因はわかりませんがGPSを拾わない時があります。スマートフォンの問題なのか?
RFLKTの問題なのかは特定できていまません。

バージョンアップ後

バージョアップ後はかなり使えるようになりました。バッテリーの持ちも良くなった気がします。
最初からこの仕上がりであればとって満足して他の製品を検討しなかったかもしれません。

新しい商品が発売よていなので金額が下がる可能性もあるのとそんなにガッツリトレーニングをしないのであれば、
これから購入するかたにはオススメです。


  
  

この記事を書いた人

Ciclista
群馬県内を楽しく決められた時間の中で走っています。群馬県内のコースとロードバイク情報を発信していきます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク